ブログ

保護者懇談会

公開日:2017/11/04

 

久しぶりの更新です。

 

いよいよ11月に入りました。本日、高校三年生の保護者にお越しいただきまして懇談会を行いました。

 

本日のテーマは、”保護者にとっての受験”です。合格のためには、「1.学力、2.気力(精神力)、3.体力、4.経済力」の4つの力が必要です。特に保護者にとって、ウエイトが大きいのは4.経済力かと思います。そこで、本日の懇談会では受験をコストで考えていただくことにしました。お金の使い方として一般的には、①消費する、②浪費する③投資するがあります。さて大学受験はどのタイプかというと、生徒さんの未来(将来)に対する投資であることは疑う余地もありません。

 

では、4年間の学費計(入学金、授業料、施設・実習費、諸会費)は、おおよそ国公立で240万円、私立文系で400万円、私立理系で580万円です。果たして、皆さんの受験する大学は、この金額の投資に見合う大学でしょうか。一般的な買い物の場合、こんなに高額な支出をされる場合には、品質や性能、保証等を時間をかけて調べ、そして周りの評判を聞き、自分の目で確かめてから購入するかしないかの結論を出しますよね。大事な生徒さんのために、受験大学について同じような検証、調査をなさいましたか。各大学・学部・学科のクオリティ、ポテンシャル、そして生徒さんとの相性、適正は一つ一つ異なります。最終的な判断を下すのは、保護者の責任であり、それが保護者にとっての受験であると思います。

 

どうか、皆様にとって、この度の受験が将来の幸福につながるものになるよう願ってやみません。

 

校長

ブログの最新記事

インフォメーション

三位一体のチームとして

養賢を知って頂くために

コース案内

養賢の強み

養賢ゼミナールについて