ブログ

新年にあたり

公開日:2018/01/05

明けましておめでとうございます。

 

今年は急激に寒い冬がやってきたと思ったら、あっという間に新しい年になっていたという感じです。

 

今年は現行の入試制度では一番早い日程でセンター試験が実施されます。どうせ避けて通れない試験であれば一日でも早く終わった方がいいと思うのは、私だけでしょうか?

 

今回のセンター試験で予想以上の結果が出ようが、予想外の結果が出ようが、自分の出した結果に対して真剣に向き合い、そこから本当の勝負をかけてどう戦うのか問われるのが本当の入試であって、試験結果だけで一喜一憂してしまうと、受験生のこれからの「生き方」にも大きな影響が出てしまうのではないかと思います。

 

本校でも、センター試験後の自己採点に基づき、出願先の面談に入ります。私がまだ現場にいて担任を務めていた頃には、判定がどうであれ、志望大に入るためには、これからどうすればいいのかの面談が主な内容でした。つまり、これからどう一緒になって戦うのか戦略を練る場であり、志望大に向けた覚悟を確認する場でありました。今の面談では、どの大学・学部であれば合格できるのかが中心となっている場面が増えました。もちろん予備校ですから、合格が第一なのはいうまでもありません。ただ、大学は自分の未来をかけて最低でも4年間過ごす場所です。合格する可能性だけに気をとられ、自分以外の誰かがつくった判定だけに支配されて、自分の未来を決めてしまうことだけは、回避して欲しいと思います。

 

センター試験まであと数日、今やれることを一生懸命やっていきましょう。

 

未来を恐れず、過去に固執せず、今を生きる。

 

受験生におくる言葉です。

校長

ブログの最新記事

インフォメーション

三位一体のチームとして

養賢を知って頂くために

コース案内

養賢の強み

養賢ゼミナールについて