ブログ

第一回養賢模試を終えて

公開日:2018/05/31

本日、本科生の第一回養賢模試の追試と成績優秀者の表彰式を行いました。

 

月10日の前期開講より5月末まで授業した内容をどれだけ定着しているかをはかるのが目的です。出題については40%が知識・計算を主とする基礎問題、40%はテキストの例題程度の基本問題、残り20%は自分なりに受験勉強をしていないと解けない応用問題の構成です。つまり誰でも一定の努力さえすれば8割は得点できる内容です。

 

結果はというと校内平均は60%と例年に同じ。ただし、例年とは異なり今年は平均付近の層が薄く、80%以上と50%以下の層が厚く、結果として平均60%。あきらかに二極分化です。

 

夏までに中位から下位層の大幅な受験生としての意識改革と受験生としての勉強量の確保を企てないと大変な事になりそうな予感です。

 

「高校4年生から本物の受験生へ」

 

これが今年のテーマのようです。

 

(校長)

ブログの最新記事

インフォメーション

三位一体のチームとして

養賢を知って頂くために

コース案内

養賢の強み

養賢ゼミナールについて