ブログ

2018/04/13

特訓予備校養賢ゼミナール第39回本科入学式にあたり、夢と希望に満ちた新入生100名を迎え、全教職員を代表し、皆さんの入学を心より歓迎いたします。   本日より、皆さんは私達とともに合格という1つの目標に向かい、これから待ち受けるだろう様々な困難に立ち向かいながら、自分の未来をかけた戦いに挑みます。   入学式とは、未来に向けた各々の覚悟を表明する場であり …
2018/04/04
本日より、春期講習第2タームのスタートです。   高校生は、それぞれ新しい学年になり、一段と気合が入ったような気がします。特に新3年生はつい最近まで先輩であった既卒生コースの新学期生と一緒の講習を受けることで、緊張感が増し、高校生ではなく、紛れも無く受験生としての自覚も高まっているのかと思います。   各講師に授業の様子を聞いても、どの授業も真剣さがひし …
2018/03/18

人間の寿命は、どんどん延びて、もはや人生90年と言われるまでになりました。皆さんの年齢を18歳とすると、人生のまだ5分の1しか生きていない事になります。逆に言うと、5分の1の人生で、これからの5分の4の人生の方向付けを行うのが受験だと言うことができます。   ただし、今まで経過した5分の1の人生の中で、本当に自分の意志で、一生懸命頑張ってきた期間は、果たしてどの位ありますか? …
2018/03/13

養賢ゼミナールを旅立つにあたり、最後に皆さんに2つのことをお話します。   新学期開講より本日まで、ここにいる全員が、同じ考え方・同じやり方・同じプロセスで、全員が同じただ一つの答えを出すことを強いてきました。しかし、これから皆さんはここで学んだことを土台に、一人ひとりが自分の考え・やり方で、自分にとって一番正しい「自分だけの答え」を出していきます。   …
2018/03/09
今週に入り、連日国公立前期日程の合否発表が行われ、我が校においても「待ち望む嬉しい報告」と「とても残念な報告」が、ほぼ同時に交差します。   今週は特にとてもとても複雑な気持ちで、心の中を場面毎に整理しながら過ごしています。喜びと悔しさ、悲しさと怒りをこんな短期間に集中して体感する仕事は、もしかして他には存在しないのではと思います。   しかしながら、本 …
2018/03/03

昨日まで高校生だった皆さんは、様々な思いを胸に晴れの卒業式を迎えられたことと思います。   本来であれば、一人ひとりの進路に向かって旅立ちの日であれば良いのですが、国公立志望者や私大の後期受験者にとっては、合格通知を受け取る日まで、もう少し気が抜けない日々が続きます。   試験(受験)というものは、必ず「合格」か「不合格」かの二者択一の選別する機能を持っ …
2018/02/26

政治・経済担当の泉澤です。   大津事件については、政治経済や現代社会、日本史の教科書に掲載されていますから、大概の方はご存知かと思います。   一応あらましを…   1891(明治24)年、来日中のロシア皇太子ニコライが、滋賀県滋賀郡大津町(現大津市)で警備にあたっていた警察官に斬りつけられ負傷する事件が発生。政府は裁判所に対して …
2018/01/05

明けましておめでとうございます。   今年は急激に寒い冬がやってきたと思ったら、あっという間に新しい年になっていたという感じです。   今年は現行の入試制度では一番早い日程でセンター試験が実施されます。どうせ避けて通れない試験であれば一日でも早く終わった方がいいと思うのは、私だけでしょうか?   今回のセンター試験で予想以上の結果が …
2017/12/20

政治経済担当の泉澤です。 タイトルの「綸言(りんげん)汗の如し」とは、「一度かいた汗が体に戻らないように、天子が一旦発した言葉は取り消したり訂正することができない」ことを意味する中国の格言です。政治に携わり、国家・国民を導く立場にある人の発言は、かように重く慎重であるべきなのです・・・が、そこは政治家とて人の子、ついうっかり口を滑らせる、なんてこともあるわけです。今回はそんな名(迷)言集を紹 …
2017/12/05

世界史を担当している泉澤です。 名言ーそれは人生の指針となり、時に自分を勇気づける言葉…でも、ちょっと待って下さい。その名言、発言者が本当に意図したものなんでしょうか。今回は世間で認識されている意味と、本来の意味はちょっとズレている、そんなものを掲載してみました。 1.天才は1%のひらめきと99%の努力(エジソン) 発明王エジソンの言葉として知られています。「何より努力が重要なんだ」とい …

ブログの最新記事

インフォメーション

三位一体のチームとして

養賢を知って頂くために

コース案内

養賢の強み

養賢ゼミナールについて