現役生コース

養賢ゼミナールは
充実した高校生活を送りながら現役合格を実現する予備校です。

高校生活と両立が出来て志望大に合格する4つの理由

1、一人ひとりの高校生活にマッチする、選べる・組み合わせる指導システム

現役生のための養賢学習システムは、一人ひとりのニーズや目的に応じて5つの指導形態からセレクトして自由に組み合わせることができます。あなたの高校生活に必ずフィットする、あなただけのカリキュラムを一緒に作り、志望大学の合格を実現します。


1−1、講座指導
養賢講師陣が対面授業にこだわるのは、一人ひとりの表情を見ながら理解状況を見極め、誰もが納得の授業を行うためです。分かったつもりだけの授業では入試では全く通用しません。成績を伸ばし合格点に到達するためには、「理解させ」⇒「復習で定着させ」⇒「再度理解不足を補う質問指導」が大切です。一連の反復指導を一体化したカリキュラムが養賢学習法です。


1−2、個別指導
個別専任の予備校プロ講師があなたの希望する指導内容をカリキュラム化し、理解できるレベルから指導します。一人ひとりの目的やニーズに合わせて、あなただけのカリキュラムを作成し、自分のペースでわかるまで1対1で徹底した指導を行います。


1−3、Web個別指導(自宅型)
通学の問題があっても、Webを使って自宅で予備校プロ講師の指導が受けられます。個別専任のプロ講師があなたの希望する指導内容をカリキュラム化し、理解できるレベルから指導します。また、PC が不慣れでも難しい操作はありませんのでご安心ください。


1−4、通学型e-ラーニング Yトレ(通学型)
スポーツでも日常のトレーニングが大切なように勉強でも反復練習することが重要です。本校では、100万題にも及ぶ入試問題をデータベース化し、各自の状況に応じたオリジナル演習問題で、現役生に不足しがちな演習量を補い、得点力アップを図ります。


1−5、高3生受験科 集中補習講座
3年生の前期講座は入試問題の構造を知り、基本的な解法を学び、基礎力を養成するために、とても大切な授業です。しかし、学校行事や部活動等でやむを得ず欠席する場合もあるのが現役生の悩みです。そんな現役生のために養賢ゼミでは夏に、前期の内容をライブで再現する集中補習講座を実施します。前期の欠席や理解不足をそのままにはさせません。最初からもう一度講義しますのでゆるぎのない万全な基礎固めが出来ます。これこそが現役生を知りつくした養賢ゼミナールの強さです。

養賢ゼミの指導は全てがFace to Face!
どんな問題でも解けるようにする養賢講師のプロ魂を体感ください。

2、予習はいらない、復習重視の効率的なカリキュラム

養賢ゼミナールでは、部活動や学校のイベント、授業などで忙しい高校生のために「復習重視」の学習法を導入しています。予習不要で講義に臨むことができるのでムリなく、ムダなく最短で最大の効果が得られます。


2−1、根本から理解できる授業
入試問題の基本構造から出題者の意図、狙いを根本から指導し、合わせて実戦で通用する思考力と受験テクニックを伝授します。「目からウロコ」の講義を期待してください。(ティーチング)


2−2、演習問題で確認
習った解法を類型問題で確認し、解法の流れや注意点をチェックします。理解不足は復習プリントで再確認します。(トレーニング)


2−3、復習用プリントで定着!
講座を担当する講師が直接質問に答えます。講座講師だからこそあなたの状況を理解した上で適切なアドバイスをします。(コーチング)


2−4、講座講師が直接補強!
授業で習った解法を使いこなすためには、限られた時間の中で「何を復習すべきか」が一番大切です。この一連の流れをシステム化しています。(トレーニング)


2−5、個別指導で弱点補強!
基礎力不足を短期間で補うためのカリキュラムでプロの個別専任講師があなたのためだけに指導します。(ティーチング&コーチング)


2−6、個別演習Yトレで反復演習!
コンピュータに収納された100万題のデータベースから、個々の状況に合わせて演習プリントで学びます。自分の目的やニーズに応じたトレーニングで得点力に磨きをかけます。(トレーニング)

予備校プロ講師が徹底指導!

本校では、一流のプロ講師陣が責任を持って指導にあたっております。豊富な指導経験と深い知識、さらに自信と気迫に満ちた講義であなたの学力を最大限伸ばします。 開校以来こだわり続ける少人数のライブ授業と、毎年進化するカリキュラムは他の追随を許しません。

部活動との両立をサポート

部活動や生徒会・委員会活動等で何かと忙しい現役生でも、無理なく通えるように指導開始時間を遅めにし、土日も開講しています。また、「個別指導」や「個別演習Yトレ」は各自の都合に合わせた時間帯より選択出来ます。

定期考査・試験をサポート

現役生にとって学校の定期考査は評定値に関わる重要な試験です。「個別指導」や「Yトレ」をスポット的に使って定期考査対策に絞った指導が受けられます。全教科・全科目対応が可能です。

多種多様なテキストで徹底指導!

講座テキストは志望大に応じ、毎年各大学の入試問題を分析し、新傾向を加えた内容でブラッシュアップしています。また、個別指導テキストでは、各自の理解状況に合わせ、学べるよう編集した「ステップ100」 を中心にあなたにとってベストなテキストを選定します。

3、徹底した面倒見の良さが合格の秘訣、
講師室と一体化した自習室であなたの疑問、質問に答えます

養賢生はいつでも納得できるまで質問できます!


講師室
授業後の質問が学力アップには非常に重要です。そのため講師陣は授業が終わった後も講師室に残り、一人ひとりの質問に回答します。質問順番カードで、並んで待つ必要が無いのでムダな時間はありません。納得するまで教えます。


第1自習室
自習しているすぐ隣に「最強の講義担当講師」があなたの質問や課題の提出を待っています。分からないところは、すぐ質問する事が出来るので安心して自習することが出来ます。


第2自習室
マイペースで自分の世界にどっぷりつかって、集中した勉強を望む生徒の皆さんは、一人ひとりのブースで仕切った第2自習室を活用しましょう。分からないところは迷わず1階下の講師室で疑問を解消しましょう。

4、徹底した生徒理解に基づく指導、
一人ひとりの現状を理解して 進化する授業とテキスト

授業のベースとなるテキストや演習プリント、授業後の復習プリント等の全ての教材は、皆さんが記入する「コミュニケーションカード」の内容を反映させ、養賢生の学力向上に最大かつ最高の効果をもたらすよう、精鋭講師陣が一人ひとりを思いながら、常にブラッシュアップを行っています。長年にわたり大学入試を研究・分析し、直接指導に携わり、そして各養賢生の志望大や現在の成績、そして「弱点」までを知り尽くす講師が作成する教材で学ぶので、納得のいく「本物の理解」が確かな学力となります。


コミュニケーションカードを見る(PDF)

高3生受験科

トップレベルクラス
(センター750点以上、二次重視型、SS65以上)

目指す大学:東京大学、一橋大学、東北大学、北海道大学、早稲田大学、慶応大学、各大学・医学部

真の「難関系」を目指すには、「記述力・論述力」が必要不可欠。このクラスでは”少数精鋭による講義・演習・質問指導・細部に行きわたる添削指導”で、難関大・学部に相応しい高度な知識のネットワークを構築し、それを用いた答案作成力を身につけます。さらに、仲間と競い合う環境の中で、「あと1点」を貪欲に求めます。

ハイレベルクラスα
(センター630点以上、二次重視型、SS60以上)

目指す大学:弘前大学、秋田大学、岩手大学、福島大学、山形大学、宮城教育大学、宮城大学

入試問題を知り尽くした講師陣が各大学の過去問から典型問題を厳選し、本番を想定した講義で実戦力を磨きます。前期で培った確かな知識を土台に、難関大に対応する設問や問題文の構造分析を徹底的に行い、解答へのプロセスを論理的に学んでいきます。併せて志望大に応じた添削問題を通して答案作成能力と表現力に磨きをかけます。

ハイレベルクラスβ
(センター630点以上、センター重視型、SS55以上)

目指す大学:青山学院大学、明治大学、中央大学、東京理科大学

今や国公立大学だけでなく、ほとんどの私立大学も利用するセンター試験。ここで問われるのは、標準レベルの問題を短時間で確実に解き切る力です。特に東北地区のセンター試験を重視する大学では、7割程度の安定した得点が必要となるため、センター予想問題を中心とした講義で、着実に得点力を高める授業をします。更に、二次試験でも7割程度の得点が必要になるため、得点技術を中心に授業を展開し、実戦力アップを図るバランスのよい学習をします。

スタンダードクラス
(センター580点以上、基礎力重視型、SS50以上)

目指す大学:センター重視の国公立大学、東北学院大学、東北福祉大学、明治学院大学、日本大学、専修大学

どんな入試問題でも、基本の組み合わせで構成されています。非常に難解に見える問題でも解法の糸口さえ見つかればすらすら解けるものです。理解しているが使いこなせない知識を、入試で戦う武器としてどう使いこなすかを原点に戻って指導します。この実戦対策の基礎完成こそが、現役合格の鍵となります。志望大に向かって、基礎から徹底して学びたい生徒にも最適なクラスです。

看護医療系への進学もスタンダードクラスで!

目指す学校:仙台看護助産学校、東北労災看護専門学校

公立・私立の看護学校等、医療系を攻略するには基礎的分野の完成度が鍵となります。11月からのMedical ゼミでは基礎事項の再確認から類題演習を通じて、ミスのない確実な得点力を養成します。さらに、教科試験以外の作文・小論文・面接に対する対策や出願書類の作成まで、一人ひとりの受験パターンに合わせて指導します。

高1・高2生グリーン科

各クラスでは、高3生受験科と連動する受験レベルに達するための土台作りをします。カリキュラムもクラスごとに設定し一人ひとりのニーズや目的に応じて「ハイレベル」と「スタンダード」からセレクト出来ます。(※1年生は英・数の開講です。)

ハイレベルクラス

難関系の大学を目指す生徒のためのクラスで、高校の進度を先取りして一般受験を想定した基礎力の養成と完成を目指します。1クラス10〜30名程度とし、各自の学力に応じた課題や添削問題も用意して、授業の前後の時間を使って個別に指導します。

スタンダードクラス

高校で履修した範囲をベースに入試に必要な知識事項の定着やセンターレベルの基本的な解法パターンの習得を目指します。1クラス10〜30名程度とし、各自の学力に応じた課題や添削問題も用意して、授業の前後の時間を使って個別に指導します。

養賢を知っていただくために

体験入学制度

養賢ゼミナールを直接体感いただくための各設置講座の「無料体験」や“目からうろこの受験生必見”の「公開講座」、本校の教育サービスを“まるごと一週間にわたり体験”いただける「yokenオープンスクール」を定期的に開催しております。お気軽にお問い合わせください。体験入学のお申し込みはこちら

進路コーディネーターによる電話相談

進路に関するどんな些細な疑問や質問も電話で相談してみませんか。自分のやりたいことや夢の実現のためには、どんな学部や学科またはどんな大学がいいのか?これから皆さんに求められるキャリアや技能、資格はどんなものがあるのか?またどうやって取得するのか等。どんなことでもご相談ください。養賢ゼミナールのベテラン進路コーディネーターが懇切丁寧にお答えします。相談窓口の電話番号は0120-866-771です。

資料請求

養賢ゼミナールに入校したらどんなに成績が伸びるのだろう? 自分の希望に適う指導法かな? 他の予備校とどこが違うのかな? 色々と知りたいことがありますよね。まずは、パンフレットを請求してみましょう。参考になる先輩のコメントが載ってますよ。パンフレット請求いただいた方には、受験生必携yokenオリジナル教材を差し上げます。資料請求はこちら

現役生コース

インフォメーション

三位一体のチームとして

養賢を知って頂くために

コース案内

養賢の強み

養賢ゼミナールについて