高卒生コース

夢を叶えるための100名定員制

さらに少人数定員制(1クラス10〜30名)

養賢は「合格」のために解決しなければならない一人ひとりの「つまずき」「弱み」に確実に届く指導をします。そのために前期は「レベル」「要望」に対応する少人数定員制のクラス編制です。

養賢メソッド

1978年より長年大学受験を見続けてきた結果、合格へ導くためのメソッドを確立しました。養賢メソッドにそって勉強し、受験に臨めば、必ずや合格を勝ち取れます。養賢メソッドの詳細はこちら

メソッド1 基礎・基本からの徹底指導

どんな難関大であれ、攻略すべき入試問題は、「基礎と基本」の組み合わせで構成されています。つまり、受験生一人ひとりの基礎力の差こそ、合格力の差とも言えます。続きはこちら

メソッド2 復習重視のカリキュラム

ほとんどの教育機関では予習を前提とした指導が行われています。しかし、養賢ゼミナールでは、成績向上の鍵は、授業後の復習にこそあると考えています。続きはこちら

メソッド3 生徒理解に基づく授業とテキスト

最高の指導を実現するために、「コミュニケーションカード」を用いて一人ひとりの弱点と強みを理解した授業を行います。続きはこちら

メソッド4 講師室と一体化した自習室

勉強することで芽生える大小さまざまな疑問や、つまずきは、その場で解決すべきです。授業担当講師が自習する生徒のすぐそばで待機し、疑問や質問に丁寧にお答えします。続きはこちら

成績が上がるもう一つのポイント

基礎力養成にかける期間と時間が違います


一般の予備校時間は、本校調査による推定時間です。


上記授業時間は、春期講習、夏期勉強合宿等の課外授業時間も含みます。
志望大、コースにより変動する場合があります。
一般の予備校時間は、本校調査による推定時間です。

夏期勉強合宿

高卒生には選択制で3泊4日の夏期勉強合宿を実施しております。この合宿で養賢生は、それぞれの課題や問題点があきらかになり、受験生としての覚悟を求められます。養賢生と講師は真剣勝負で向き合います。大学合格という自分の人生を切り開こうとしている過程でのこの合宿は、養賢生の人生にとって忘れられない貴重な体験になるはずです。

2017年度もここまで伸びた!

成績を伸ばすのは予備校の指導力50%、あとの50%は本人の努力、本気で取り組む養賢生は、本来持っていた実力をこの学び舎で開花させます。
※UP点数は前年度のセンター試験結果との比較です。(センター試験900点満点)

「ここまで伸びた!」の詳細は合格実績ページをご覧ください。

後期からの志望大学コース設定

難関大選抜コース
(センター800点以上、二次重視型、SS70以上)

目指す大学:東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、早稲田大学、慶応大学、各大学・医学部

最難関大学・学部を志望する生徒のために養賢ゼミナール38年の問題研究の集大成といえるクラス。特に選ばれたごく少人数の生徒を対象とし、一人ひとりに密着した特別カリキュラムで指導します。最難関大・学部が要求する高度な読解力と思考力、そして迅速な情報処理能力。それらを論理的にまとめ上げ表現する記述力。演習を通して徹底的に鍛え上げるのが難関大選抜コースです。

難関大コース
(センター700点以上、二次重視型、SS65以上)

目指す大学:東北大学、北海道大学、筑波大学、青山学院大学、明治大学、中央大学、東京理科大学

入試問題を知り尽くした講師陣が各大学の過去問から典型問題を厳選し、本番を想定した講義で実戦力を磨きます。前期で培った確かな知識を土台に難関大に対応する設問や問題文の構造分析を徹底的に行い解答へのプロセスを論理的に学んでいきます。併せて志望大に応じた添削問題を通して答案作成能力と表現力に磨きをかけます。

国公立大コース
(センター630点以上、センター重視型、SS55以上)

目指す大学:弘前大学、秋田大学、岩手大学、福島大学、山形大学、宮城教育大学、宮城大学

今や国公立大学だけでなく、ほとんどの私立大学も利用するセンター試験。ここで問われるのは、標準レベルの問題を短時間で確実に解き切る力です。特に東北地区のセンター試験を重視する大学では、7割程度の安定した得点が必要となるため、センター予想問題を中心とした講義で、着実に得点力を高める授業をします。更に、二次試験でも7割程度の得点が必要になるため、得点技術を中心に授業を展開し、実戦力アップを図るバランスのよい学習をします。

スタンダードコース
(センター580点以上、基礎力重視型、SS50以上)

目指す大学・学校:東北学院大学、東北福祉大学、明治学院大学、日本大学、専修大学、仙台看護助産学校、東北労災看護専門学校

東北学院大学をはじめとする在仙私立大学や、関東中堅私立大学等の基本から標準問題を中心に出題する大学を目指します。このレベルの大学では基本的な問題でのミスは許されません。このクラスでは、前期で培った基本をもう一度確認しながら、勝負となる標準問題までを徹底して訓練します。それぞれの志望大学の入試傾向や出題形式に沿った頻出問題で、より実戦的な解法力を養い、得点力の向上に磨きをかけます。また、看護医療を目指す生徒には志望校に応じた少人数ゼミを設置します。

養賢を知っていただくために

体験入学制度

養賢ゼミナールを直接体感いただくための各設置講座の「無料体験」や“目からうろこの受験生必見”の「公開講座」、本校の教育サービスを“まるごと一週間にわたり体験”いただける「yokenオープンスクール」を定期的に開催しております。お気軽にお問い合わせください。体験入学のお申し込みはこちら

進路コーディネーターによる電話相談

進路に関するどんな些細な疑問や質問も電話で相談してみませんか。自分のやりたいことや夢の実現のためには、どんな学部や学科またはどんな大学がいいのか?これから皆さんに求められるキャリアや技能、資格はどんなものがあるのか?またどうやって取得するのか等。どんなことでもご相談ください。養賢ゼミナールのベテラン進路コーディネーターが懇切丁寧にお答えします。相談窓口の電話番号は0120-866-771です。

資料請求

養賢ゼミナールに入校したらどんなに成績が伸びるのだろう? 自分の希望に適う指導法かな? 他の予備校とどこが違うのかな? 色々と知りたいことがありますよね。まずは、パンフレットを請求してみましょう。参考になる先輩のコメントが載ってますよ。パンフレット請求いただいた方には、受験生必携yokenオリジナル教材を差し上げます。資料請求はこちら

高卒生コース

インフォメーション

三位一体のチームとして

養賢を知って頂くために

コース案内

養賢の強み

養賢ゼミナールについて