ブログ

2020/07/30

7月28日、本日より夏期講習が始まります。今年は新型コロナの影響でYOKEN名物の勉強合宿は中止しての開講です。第2波も予想される中での開講なので、「三密」に最大の注意をはらい、講習時間帯を大幅に拡大し、更に新養賢生の生徒数に比べればかなり多くの講座数を設置しての開講です。 今年の養賢の夏のテーマは3つ。 1.「主体性」 2.「短期集中」 3.「大量演習」 1.主体性 各養賢生は、 …
2020/07/12

最近やっと講演会等にお呼びいただき、校外へと出かける機会が増えてきました。 本来、自室にこもって事務作業を行う事が苦手なのに、新型コロナウィルスが猖獗を極めてから、外界との接触を避けてきた我が身にとっては、非常に有難い事に感じております。特に新しい入試に対する不安、そしてどんな形で実際の入試が行われるかの不透明感、入試情報の停滞等で、お呼びいただく各会場では、ご担当先生、保護者の皆様、生徒の …
2020/07/01

本日7月1日は本校の42回目の開校記念日となります。 本校に奉職以来、がむしゃらに突っ走って来た感じですが、今年は一番肝心な「旅立ち」と「出会い」の時に”空白”が生まれ、完結と始まりが曖昧なまま今日を迎えた感じです。 ただ5月9日からの新学期再開より毎日、新入生が明るく元気に学ぶ姿に励まされ、様々な障害に負けるものかと、気持も新たに43年目に向けて、全教職員と養賢生の未来をかけた戦いに …
2020/06/07

気がつけば、今年も間もなく折り返し地点となりました。 いつもの年であれば、本校の名物とも言える夏期勉強合宿と、東北地区の各高等学校の先生方をお招きしてのYOKENフォーラムの準備に追われている毎日のはずですが、今回ばかりは、私の養賢史上初めて中止にせざるを得ない状況です。うわさに聞く勉強合宿ってどんなんだろと楽しみにしていた新入生、日程をご調整いただいておりました先生各位には申し訳なく、また …
2020/05/24

本校では5月9日より授業を再開(現在、考えうる感染防止策を実施して)2週間が経ちました。 例年通りとはいかない部分はありますが、養賢生が明るく元気に学ぶ姿にホッとしています。 我が校は本来様々な意味で生徒との距離が「密」になることが大前提の教育機関であり、「距離と安全・安心の共存」には、当初かなり惑いもありましたが、生徒、保護者の皆様のご理解とご協力のお陰で、現状の「共育体制」が継続さ …
2020/05/02

例年であれば、私達の受験業界(全てではありませんが…)では、ゴールデンウィークが一番連続して休みらしい休みが取れ、心身ともにリラックスできる時期なのですが、今年ばかりは、休みは休みですが(本来の業務が出来ない状態がだいぶ前から継続)、心身ともに疲労しています。 とてもゴールデンではありません。強いて言えば、だいぶ錆びきったシルバーといった感じ。 どう磨けばゴールドになるか、一生懸命に頭 …
2020/04/19

今年の春は桜の花さえ目に入ることもなく、今までの人生の中で一番複雑で例えようもない重い気持ちで毎日を過ごしています。 本来であれば「夢と希望に満ちた」新入生を迎え、一段と気合が入り、元気あふれる時期なのですが、どうしても気持ちの半分以上はいつもと異なる何かに占領されてしまいます。 朝起きると、前向きな気持だけを残して他のものを消去しようとするのですが、日頃、教職員や生徒の前では偉そうな …
2020/03/15

2月中旬以降慌ただしい毎日で久しぶりの更新となります。 後期日程の発表で、今年度の入試もほぼ最終を迎えます。 本校の生徒も日を追う度に新しい進路先へと旅立っていきます。しかし今年度は、コロナウィルスの影響で新しい門出を手放しで喜べないのがとても残念です。一日も早い終息を願うばかりです。 例年ですとこの時期、仙台駅東口のカラオケ店にて「旅立ち会」を実施して一年間の頑張りを讃え、養賢 …
2020/02/23
国公立二次試験の日まであと2日となりました。 今日位から受験地への移動が始まっていることかと思います。 合格すれば、この地があなたの4年間の生活の場となります。 本番直前で緊張するのは当然かと思いますが、4年間自分が生活する地がどんなところなのかと考えてみたり、時間に余裕があれば散策してみるのも、日頃の自分にリセットして頑張る一つになるかも…。 今やれることを一生懸命やって …
2020/02/11

私大一般入試の合格発表も始まりました。それに伴い、自習室で勉強する高1、高2生の比率が日を追うごとに高くなってきたようです。あと50日程度で人や季節、様々なものが入れ替わる時期となりました。 あの生徒なら、前期日程が終わっても発表の日まであの席で勉強するんだろうな。 あせる気持ちもわかるけど、もうちょっと落ち着いて問題に取り組んだほうがいいんじゃないの。 あの席は今度は誰が座るの …

ブログの最新記事

インフォメーション

三位一体のチームとして

養賢を知って頂くために

コース案内

養賢の強み

養賢ゼミナールについて