ブログ

2月になって思うこと

公開日:2020/02/02

二次の出願締切日近づき、いろいろな迷いを振り切って、目標に向かってまっしぐらという時期になりました。

本校でも、出願先決定の面談や出願に向けての相談、点検等やっと落ち着いてきた状況です。

そんな様子を見ながら、結果が出る前にこんなことを書くのはどうかと思いますが、「あ~もうすぐこの生徒たちともお別れなんだなあ」と思います。

4月に入校し、やっと打ち解けて、いろんなことを話したり、本当の姿を見せるようになって、やっと真の意味での「生徒理解」ができるようになったところなのになあ…。

予備校生と教職員という関係は、有効期間1年以内がBESTなのだけど、生徒のことをもっともっと知る期間が長ければ、もっといい指導ができたのではと思えてくるのです。

でも、短い期間だからこそ、迷いながらでも全力でやれた気もするのですが…。

今年度の養賢生との「つきあい」もカウントダウンに入りました。今までの10ヶ月より濃い時間を互いに過ごせるよう、精進します。

がんばれ、養賢生、そして私達。

(校長)

ブログの最新記事

インフォメーション

三位一体のチームとして

養賢を知って頂くために

コース案内

養賢の強み

養賢ゼミナールについて