ブログ

国公立前期日程終了で思うこと

公開日:2021/02/26

国公立前期日程も終了しました。

合格発表まではまだまだ気の抜けない日が続くと思いますが、受験生の皆さん、まずはお疲れ様でした。

今年の受験生は入試改革の波に翻弄されるばかりか、新型コロナウィルス感染の影響による様々な入試制度、入試形態の変更、そして最後には誰もが予想もしなかった地震による交通機関(移動手段)の心配等、これでもかこれでもかと振り回されることとなりました。

まさに予測不可能な時代への突入を予感させる状況です。

どんな事が起こったとしても、最終的な目的地や到達点を見失わず、現状の的確な分析とその1つ1つの事実と、過去の経験や体験から学んだ知識と知恵をつなぎ合わせて、答えを出す思考力、その中から正解を導き出す冷静な判断力。結局それらの総合力が問われたのが今年度の入試と言えそうです。

こうやって考えてみると、これからは受験で培った学力を「生きる力」へと変換することがとても重要かなと思います。

受験は困難であればあるほどあなたを強くする。私はそう信じています。

(校長)

ブログの最新記事

インフォメーション

三位一体のチームとして

養賢を知って頂くために

コース案内

養賢の強み

養賢ゼミナールについて