ブログ

入校式にて

公開日:2022/04/09

本日、第45期本科生入校式を行いました。

今年もマスクで顔の半分以上が隠された状態なので、表情まで正確に読み取ることは難しいのですが、新養賢生一人の目がキラキラと輝いているのがとても印象的でした。

校長式辞では受験生として常に意識して欲しい3つの事について話しました。

1つ目 時間について。
「時間」は誰に対しても平等です。例えば共通テストまでは後280日です(4月8日時点)。ただこの時間をどう使うかで、結果は一人ひとり異なります。ですから時間をどうやって使うかをしっかりと意識しましょう。

2つ目 記憶について。
勉強は最初覚えることからスタートします。人の脳には記憶するために優先順位があるそうで、生命に関わる事や、自分で覚えようと強く意識したものから記憶するそうです。また繰り返して思い出したり、実際に覚えた事を体感しないと忘れてしまうそうです。ですから毎日養賢で学んだ事を覚えようと強く意識し、反復する必要があります。

3つ目 自分について。
時間と記憶を常に意識してコントロールするのは自分であり、このコントロールが実は一番難しいという事。
だからこそ、この3つを律する(コントロール)するために、または常にこの3つの良好なバランスを保つために、私達養賢の教職員がいるという事。これが私達の言う受験共育であることをこの一年忘れないで欲しいと話しました。

来年の今日、本日入校した養賢生が晴れて志望大学の入学式に出席することを共の喜びとして一緒に切磋琢磨の日々を送りたいと思います。

 

追伸:今年度は定員に達しておりませんので、途中入校歓迎です。途中入校者には万全のケアーとフォローを行います。出遅れてしまったと思う受験生、まだどうしようかと迷っている受験生、まだ間に合います。お気軽にお問い合わせください。

(校長)

ブログの最新記事

インフォメーション

三位一体のチームとして

養賢を知って頂くために

コース案内

養賢の強み

養賢ゼミナールについて