ブログ

大浪一元師へ

公開日:2019/05/17

病気療養中の大浪一元師が5月13日、56年の生涯を閉じました。

 

私達は一日も早い回復と現場への復帰を待ち望んでおりましたが、ついに叶うことはなくなってしまいました。

 

大浪師が初めて本校の教壇に立ったのは平成15年で、本来は理系の講師としての採用でしたが、師の多才な才能にふれ、私の受験教育人生の中で初めて理系・文系問わずオールマイティな講師として活躍いただきました。もう二度とこのような多才で優秀な講師に会うことは無いのではないかとさえ思います。

 

教育に対する思いは非常に崇高・純粋で、それがすぎる由、現実的な私の考えとは対立する事もありましたが、生徒を思う気持ちや教育に対する情熱には、いつも感心しておりました。特にその点は生徒が何よりも理解しており、大浪師に対する生徒の信頼は絶大なものであり、この舎を巣立った後も様々な機会に師を慕ってOB・OG多数が訪ねておったのがすべてを物語っておりました。

 

「一心理法信士」師の新しい名前です。師の生き様まさにそのものと思います。

 

師の志を受け継ぎながら、生徒達とともに歩んで行きたいと思います。

 

合掌。

(校長)

ブログの最新記事

インフォメーション

三位一体のチームとして

養賢を知って頂くために

コース案内

養賢の強み

養賢ゼミナールについて