ブログ

2020/02/02

二次の出願締切日近づき、いろいろな迷いを振り切って、目標に向かってまっしぐらという時期になりました。 本校でも、出願先決定の面談や出願に向けての相談、点検等やっと落ち着いてきた状況です。 そんな様子を見ながら、結果が出る前にこんなことを書くのはどうかと思いますが、「あ~もうすぐこの生徒たちともお別れなんだなあ」と思います。 4月に入校し、やっと打ち解けて、いろんなことを話したり、 …
2020/01/25

センター試験も終わり、これからの短い期間で様々なことを決めて実行していかなければなりません。 予定(予想)通りであった人や、予想より点数が取れた受験生は、何も悩むことなく、計画通りに進行していけるのでしょうが、全員がそういう訳にはいかないのが受験です。特に今年は全体的に思うような得点にならなかった人が多いのではないでしょうか? それに次年度からの入試改革を考えると、つい安全指向になって …
2020/01/09

センター試験まであと10日を切りました。 あせらせるつもりはありませんが、本当のカウントダウン開始です。 入試本番でいい結果を出すためには、学力そのものを上げることはもちろん重要ですが、直前期においては、今まで努力して育てた学力を、入試本番で出し切ることができるかどうかの方がウェイトが大きいような気がします(逆に言えば、そのために毎日努力を積み重ねているのですが)。 いわゆる本番 …
2020/01/03

あけましておめでとうございます。 いよいよ最後のセンター試験本番の日が目の前となりました。受験生にとっては正月気分どころではないという人がほとんどかと思います。 今までなぜもっと勉強しなかったのだろう。まだまだやり残したことがある。どんな問題が出るんだろう。万一うまくいかなかったらどうしよう。本番が近づけば近づくほど「過去」と「未来」に捕らわれます。 過去は誰にも変えられないし、 …
2019/12/24

私達大学受験を業とする者にとって、今年最も衝撃的な出来事といえば、入試改革の二本柱というべき、英語の民間試験の活用と、国語、数学の記述問題導入が見送りになった事。 批判されることを承知で個人的な感想を言えば、「やっぱりね」というのが正直なところです。 受験生がこれから生きる社会を考えれば、入試改革の方向性や考え方そのものには賛成ですが、本当に全体的な入試システムを変えることで、それが解 …
2019/12/17

本当に久しぶりのブログ更新です。言い訳のようですが、何故か最近までブログを書くことに非常に抵抗を感じる自分がおり、ペンを持つまではするのですが、それ以降のアクションに移行できずにおりました。今日は何となく書いてみようかと思いペンを持ったら「文章や思い」が出てきたので書いてみます。 秋以降、例年以上に東北各地の高校より講演会出講の依頼があり、「新しい入試」や「進路選択」、「保護者にとっての入試 …
2019/07/21

残念ながら寒い夏が続いています。 本校の大きなイベントの一つでもある、とても熱い夏、3泊4日の勉強合宿も終わり、熱い夏は継続していますが、暑い夏は今どの辺でしょうか? さて昨日、「私教育新聞」を見ていたら、八戸の志学塾の畑山先生のインタビューが出ていたので、相変わらずお元気でご活躍だなと記事を読んでいたら、私的には今年最強のコメントに出会いました。 畑山師:大卒の親が極端に少ない …
2019/06/08

6月1日(土)、6月2日(日)両日にわたり保護者懇談会を行いました。   6月1日は高3生部門~AO・推薦入試について   6月2日は、既卒生部門~生徒の現状と夏の対策について   大勢の保護者の皆様にご参加いただき、非常に熱心にお話を聞いていただき、有り難く思うとともに、私達に課される責任の重さについて、改めて痛感いたしました。 …
2019/05/17
病気療養中の大浪一元師が5月13日、56年の生涯を閉じました。   私達は一日も早い回復と現場への復帰を待ち望んでおりましたが、ついに叶うことはなくなってしまいました。   大浪師が初めて本校の教壇に立ったのは平成15年で、本来は理系の講師としての採用でしたが、師の多才な才能にふれ、私の受験教育人生の中で初めて理系・文系問わずオールマイティな講師として活 …
2019/04/07

特訓予備校養賢ゼミナール第40期本科生入学式にあたり、夢と希望に満ちた新入生80名を迎え、全教職員を代表し、皆さんの入学を心より歓迎します。   自分の人生やこれからの生き方に真剣に向き合う時、人には必ず転機が訪れます。皆さんは自分の意志に基づき、覚悟を持って今の式に望んでいることと思います。   入学式とは各々の思いを「未来への覚悟」に変える場であると …

ブログの最新記事

インフォメーション

三位一体のチームとして

養賢を知って頂くために

コース案内

養賢の強み

養賢ゼミナールについて