リベラルアーツ講座 特設3コース

親子で学ぶ、全く新しい大学入試対策講座

新しい大学入試に向けて

高大接続改革の考え方から『教育基本法』が改訂され、《学力の3要素》という学力に関する規定が生まれました。

1、知識・技能
2、思考力・判断力・表現力
3、主体性・協働性・多様性

しかし、気づけば受験生は“正解・不正解”という結果に縛られ、結局のところ“結果がすべて”という現実に追われ、この問題はこう解くべき、ここは理解していないと解けない…という“指導”に疲れているように感じてしまいます。そして、このような《作業的》で《機械的》なものの見方や考え方は、受験生のみならず大人たちにも広がっているようです。

大学入試では、これまでのセンター試験が『共通テスト』へと代わり、AO入試が総合型選抜へと変わり、総合型選抜の定員が年々増え続け、志望理由書・活動報告書・学修計画書等の『書類』が配点化され、面接・小論文・論説・総合問題を課す大学がふえてきました。同時に『書類』の配点荷重が目に見えて大きくなった大学が、既に存在しているようです。これらの動きは、すべて従来型の価値観である“点数がすべて”という枠に収まらないといえそうです。確かに、書類を含めて点数化されるわけですので、評価としての“合計点”が高い受験生が優先的に合格していきます。社会でも同じ仕組みが働いているはずです。ところが公平で公正であったはずのそのシステムが、しだいに“作業的”で“機械的”な人間を増やしてきてしまっている…教育のダークサイドに陥り始めているのではないだろうか?と養賢ゼミナールは危惧しています。

“点数がとれる”こととは“作業的・機械的な努力”から生まれるのではなく、《アタマを使う》ことが源泉であるはずで、では《アタマを使う》とは何だろうか?それは従来型の努力と何が異なるのだろうか?同時に、養賢ゼミナールで出来ることは何だろうか?と考えました。

ここに[リベラルアーツ講座]が誕生します。

リベラルアーツとは?

古代ギリシャに遡るといわれる[リベラルアーツ]とは、基礎的な教養と論理的思考力の習得を意味していると言われています。学習指導要領の《生きる力》を育むものであり、人生に訪れる想定外の出来事を乗り切るための教養教育と言えるのです。それは、哲学でも数学でもありません(かつてはそれらを意味していましたが…)。アタマの使い方のルールを知ることと、少しだけ新しい言葉の意味を知ることなのです!

学年フリー&どなたも聴講できます!

どうも“ こむずかしい感じ ”がする、“ 受験生じゃぁないし… ”と思いがちになりますが、1ヶ月間8コマの設定であることと、土曜日・日曜日に設置していること、今月聴講できなくとも、来月また同じ講座が開設されることを基本としています。学校、家事、私事都合等々に合わせて、聴講することが可能です。(内容は一部変更となる場合がありますのでご了承ください。)受験生の皆さんはもちろんのこと、保護者の皆さま、学校の先生方、地域の方々のいずれも大歓迎です!

見えない力を徹底的に鍛える!

《思考力》とは、学科点にも現われますが、実は点数化できない(みえない力!)調査書・志望理由書・活動報告書・面接・小論文等により強く現われます。機械的勉強、思考停止状態を脱すべく、是非とも《みえない力》の基盤…[知る力、つなぐ力、気づく力]を徹底的に鍛えましょう!

お問い合わせは

養賢ゼミナール教務までご連絡ください。
フリーダイヤル 0120-866-771

リベラルアーツ講座

インフォメーション

三位一体のチームとして

養賢を知って頂くために

コース案内

養賢の強み

養賢ゼミナールについて