宮城県仙台市にある仙台の大学受験予備校、養賢ゼミナール(ようけんゼミナール)東北大学、東北学院大学、東北薬科大学の解答速報!

養賢ゼミナール
養賢ゼミナール
link HOME link サイトマップ 養賢ゼミ生入口
sp
お問い合わせ(フリーダイヤル)0120-866-711
sp
資料請求 体験ムービー お問い合わせ
 HOME大学入試速報東北薬科大学(2007) > 東北薬科大 化学
sp

特訓予備校養賢ゼミナール
フリーダイヤル0120-866-771


sp sp
東北薬科大学
sp

2007年度 東北薬科大学 入学試験
一般・理科 解答 【2月1日(木)実施】

10
1
4
6
7
3
8
3
3
5
6 
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
3
6
7
8
2
6
8
6
8
5 
21
22
23
 
4
3
5
   

講 評

東北薬科大学 講評

今年は例年に比べ全体としては難化。マニアックな知識を要求するような問題は、出題されていないが、高度な思考力を問う問題が目立つ。

[T]基本的な無機化学の知識を問う問題。難易度は易。全問正答したい所である。

[U]基本的な有機化学の構造決定の問題。難易度は標準。Aが不斉炭素原子を持つことから、加水分解時に生じるアルコールの構造を決定できたかどうかが、問9、10の鍵である。

[V]酢酸の電離平衡の問題。難易度は難。比較的素直な問題であるので、誘導に乗れれば、解答はし易かったのではないかと思われる。だが、基本問題にはあまり見られない電離度の解釈の問題が出題されており、そこが完答の鍵であろう。

[W]ペプチドのアミノ酸配列の決定の問題。難易度は難。知識は要求されていないが、高度な論理力を問われる問題。2)の記述から、いくつか構造が予想されるが、それを正しくすべて予想できるかがこの問題の鍵。時間制限内では受験生にとっては厳しかったであろう。

【南 太一】


このページのトップへ

sp
養賢ゼミナール
養賢ゼミナール
養賢ゼミナール