2016年 東北学院大学 英語

全学部型【2月1日実施】

解答

10
1 2 3 2 1 3 1 2 1 1
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
3 4 1 2 1 1 2 1 2 2
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2 3 1 3 1 6 4 3 2 4
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
5 6 4 3 6 4 2 3 1 2

※ 26と27、28と29、30と31、32と33、34と35は完答

講評

問題 問題形式 難易度
読解総合 標準
会話文 標準
適語選択補充 やや難
並べ替え やや難
発音 標準

解説

Ⅰの英文は例年より短くなった。文法四択が無くなり、会話文に。並べ替えは2題から5題に増加した。

【解説】


6. 初め、母の日に赤と白のカーネーションが贈られていた → 白のみ
12. 森林を保護する会社を見つけた → 自分では見つけていない


21. raise ~を育てる
22. see (時代・場所などが)~を目撃する
23. scientific developmentsが主語
24. 前置詞の後なので、動名詞
25. economic efficiency 経済的な効率の良さ


完成文は次の通り
(1) Which ( team do you think will win ) the championship?
(2) I would ( be grateful if you could reply ) by the end of the week.
(3) This ( book is easy to understand for ) anyone.
(4) I ( talked my wide into seeing a doctor ).
(5) ( It is almost impossible to revise my report ) in such a short period of time.

(1) do you thinkの挿入
(4) talk 人 into ~ing 人を~するよう説得する

2016年東北学院大学

インフォメーション

三位一体のチームとして

養賢を知って頂くために

コース案内

養賢の強み

養賢ゼミナールについて