宮城県仙台市にある大学受験予備校、養賢ゼミナール(ようけんゼミナール)東北大学、東北学院大学、東北福祉大学の解答速報!

養賢ゼミナール
養賢ゼミナール
link HOME link サイトマップ 養賢ゼミ生入口
sp
お問い合わせ(フリーダイヤル)0120-866-711
sp
資料請求 体験ムービー お問い合わせ
 HOME大学入試速報東北学院大学(2016) > 東北学院 日本史
sp

特訓予備校養賢ゼミナール
〒983-0852
仙台市宮城野区榴岡
四丁目4番9号
フリーダイヤル0120-866-771


sp sp
東北学院大学
sp

2016年度 東北学院大学 日本史解答
全学部型  【2月1日実施】

 
問1
(1)−ト
(2)−カ
(3)−二
(4)−チ
(5)−テ
(6)−ケ
(7)−オ
(8)−セ
(9)−キ
(10)−タ
(11)−ツ
問2
 エ
問3
 イ
問4
 (3)-(2)-(1)
問5
 D
問1
(1)−ア
(2)−エ
(3)−カ
(4)−サ
(5)−ス
(6)−ソ
(7)−ト
(8)−ナ
(9)−ハ
(10)−ネ
問2
 ウ
問3
 ウ
問4
 ア
問5
 イ
問6
 オ
問1
(1)−ツ
(2)−ミ
(3)−エ
(4)−ナ
(5)−チ
(6)−セ
(7)−ヒ
(8)−二
(9)−サ
(10)−ソ
(11)−オ
(12)−ス
(13)−コ
(14)−モ
(15)−ネ
(16)−カ
(17)−シ
問2
 ウ
問3
 オ
問4
 イ

講評

1

全15問中、単語を答えさせる問が13問。その13問中、教科書の頻度Gが12問。どの教科書でも対応できる問題がほとんどなので、基本的な事項を教科書で頭に入れることが大切だろう。テーマとしては「仏教文化史」であるが、特別な対策はあまり必要はなく、政治史の延長で十分だと思われる。本校では、4月の段階で「時代、文化のタテの流れ」をしっかりと身に付けさせるため、多くの生徒にとっては容易だったのではないだろうか。

2

全15問中、単語問題が14問。そのうち教科書頻度Gは12問。大問1も同じ事が言えるが、問1は“類似語”が多い。ただし、本校では“同じジャンルの対比”を4月の段階から継続しているため、かなりの高得点が望めるように思われる。今後も“時代を超えたジャンルの対比”は有力な学習方法となるだろう。例えば問3の白河上皇と後鳥羽上皇の対比、問4の鳥羽上皇と後白河上皇の対比などは典型である。

3

全20問中、単語を選択させる問題が17問。その中で、教科書の頻度がGのものが13問。問1では、(4)がやや悩む可能性があると思われる。“年貢の納入”が後にあるので“村”を選択すべきと思うが、“五人組”も解答になりうるのではないだろうか。近年の“文化史ブーム”の影響から、(13)以降は“生活の歴史”になっているが、時代を広げすぎた選択肢、例えば“仲買”などがあるので、しぼりやすかったのではないだろうか。問2、問4はいずれも、“年号”の問題である。受験生の中には「すべての年を覚えないと答えられない」と思う者もいるとは思うが、問2は「地租改正」、問4は「士族反乱」を理解していれば、十分答えが出せるはず。



このページのトップへ

sp
養賢ゼミナール
養賢ゼミナール
養賢ゼミナール