現役⽣向けQ&A

高校生活との両立が出来るか心配なのですが・・・・

A 養賢ゼミナールでは、「高校生の皆さんは学校行事や部活動で忙しい!」ことを前提にしたカリキュラムで指導しています。そのために、

  1. 復習重視のカリキュラムであること。一般的に「勉強・学習」は予習が前提になっていますが、本校では、学んだことを復習することの方が忙しい現役生にとって、時間的な効率が良いと考えています。更に宿題を出すことで復習の質を向上させることが可能になっています。
  2. 本校では、土曜日・日曜日でも通常のカリキュラムを設置していますので平日は部活で忙しい生徒や遠方の生徒でも、無理なく通学することが出来ます。また、WEB環境があれば、自宅でも個別指導がライブで受講することが出来ます。
  3. 高3生の受験科では夏休みの夕方以降、前期行った講座指導のやり直しをライブで再現します。
    部活や学校行事等で出席できなかった場合でも、補完出来ますので‟モレのない”対策が可能です。
    運動部の生徒は高校総体が終わるまで安心して部活に専念できます。

以上、①②③は現役生がムリ・ムダなく学ぶために考えられた養賢ゼミナールだけが出来るスペシャルカリキュラムなのです。

養賢ゼミナールは推薦・総合型(AO)選抜にも強いと聞きましたが本当ですか?

A はい、本当です。現在の入試では大学生の約半数が一般選抜以外の方法で進学しているのが現状です。地元の最難関である東北大学でも、募集人員全体の3割を目標に今後も総合型選抜(AO入試)の募集人数を拡大する方針を打ちだしています。推薦や総合型選抜では学力は当然のことながら、大学・学部・学科との相性や適性を見るための志望理由書、高校生活の活動記録を記載した調査書をベースとしながら、他に学科試験の代わりとなる「面接や小論文」が重要視されます。
養賢ゼミナールでは生徒一人ひとりに専任の進路コーディネーターが付くことで、生徒をしっかりと理解した上でその生徒の個性や適正を引き出し、大学の求めるアドミッションポリシーに落とし込んでいきます。このことで、他校にはまねのできない的確で効果の上がる指導を実現しているのです。

現状の成績では志望大学に対して程遠い状況ですが、こんな私でも合格できる学力レベルに到達できるでしょうか?

A 「はい大丈夫です。お任せください。」と明確にお答えしたいのですが、面談にてご自身の現状とやる気、志望大に対する本気度を確認させて頂きます。そのうえで一人ひとりに合ったカリキュラムと学習計画をご提案いたします。それを信じて受験本番まで継続して、実行することで納得いただける結果を出すことが出来ると思います。

養賢ゼミナールには、どんな指導形態がありますか?

A 指導を受ける生徒一人ひとりの要望・希望や目的、現状そして適正等を相談会でお聞きして最も効  果の上がる指導形態を一緒に考え、ご提案しています。

  1. 講座指導 少人数制のレベル別講座指導(集団指導)
    志望大が明確であり、ライバルを意識しながら志望大のペースで学習したい生徒に最適です。
  2. 個別指導(通学型) 生徒一人に講師一人が付き、自分のペースで学びたい生徒に最適な指導です。
    受験指導はもちろん学校の予習・復習など一人ひとりに合わせたカリキュラムで学びます。
  3. WEB指導(在宅型) インターネットを使用して、自宅と本校を結び、ライブで個別指導が受講できます。通学が困難な生徒(遠方、時間的な制限、疾病・怪我等)には最適な指導です。
  4. 演習専科Yトレ 一般的に現役生は演習量が不足しがちでその結果、理解できているのに得点にならないことが多くみられます。100万台に及ぶ入試問題より自分に合ったレベル、内容でトレーニングを行いますので、得点が伸び悩んでる受験生や本番力を鍛えたい生徒には最適です。

※以上①~④の指導形態を希望に応じて自由に組み合わせて指導を受けることが出来ます。①講座指導以外は特定期間の短期集中型でも受講することが可能です。

Q&A

インフォメーション

三位一体のチームとして

養賢を知って頂くために

コース案内

養賢の強み

養賢ゼミナールについて